倉庫での仕分けをするアルバイト

倉庫での仕分けをするアルバイト

インターネットを通じてビジネスをしている会社があります。以前であればわずかしかなかったのかもしれませんが、今は非常に多くなっています。インターネットを通じて行っているのですから、あまり人を使っていないと思うかもしれません。現にネット銀行やネット保険などは営業担当者がいないことでコストを削減しています。一方で、人をしっかり使うことでビジネスとしているところもあります。人をつかうと行っても、使い方が効率的です。無駄がないのです。あるインターネットショップの運営している倉庫でアルバイトをする機会がありました。どのような仕事になるのでしょうか。それまでのイメージとはかなり違ったものでした。非常に働きやすかったです。

空調のきいていない暑くて寒いところで行うのかと思っていたら、空調がしっかりきいているところでした。そして、仕分けをしていくことになります。仕分けをする情報については、情報端末を見ながら行うことになります。人はそれを見ながらどんどん該当する商品を入れていくだけになります。本などであれば、通常はあいうえお順に並んでいると思うのですが、そのようには並べられていません。入庫したらその順番にどんどん積み重ねられます。しかし、どこに積まれているかの情報が管理されています。ある本が必要なときは、この棚にあるのでそこから取ってくるようにするのです。本屋さんであったり、家電量販店とは管理の仕方が基本的に異なっていました。

人はミスをしやすいので、そのあたりも考慮されています。仕分けしたときに間違えることもあります。ですから、間違えたものが含まれているときは再度仕分けが必要になってきます。そのあたりは機械が判断してくれます。間違えればその分仕事が増えるので慎重には行いますが、絶対間違えてはいけないような状態ではありません。慣れてくると余裕を持って仕事をすることが出来ます。すぐに覚えられるので、1日単位で仕事ができます。

Copyright (C)2014倉庫での仕分けをするアルバイト.All rights reserved.